成長株を探せ~10月配当銘柄を調査~

10月配当銘柄を少し調査しました。

遅れていた7月分の積み立て分の残りを予告通りちゃんと積んだので(と言っても4000円ですが…)
予定してた8月配当銘柄の狙っていた株を買うとともに、セルフ毎月分配型成長株投信計画の実現に向けて
今度は順次10月配当の銘柄の購入候補を探さなくてはなりません。
という訳で、少しばかり調査をしましたのでメモを

調査の具体的な方法の紹介
①10月配当銘柄がまとめられたサイト(例えば「みんなの株式」など)へ行く
②10月配当銘柄をしらみつぶしに業績チェック……
業績チェックの方法
→(1)YAHOOファイナンスorMSNマネーor四季報ONLINE 等のサイトの「業績」の頁に複数年のファンダメンタルの指標をまとめてくてれいて便利です。
(2)そこで、これは!と思った銘柄について個別の企業のHPのIR情報や決算短信、決算説明資料等をチェックしたりしなかったりします。

ちょっとここで一言
ア 私のように気軽な1株投資をするならば、深い検討まではせずに(1)までで気になる銘柄に投資!としてしまっても良いと思います。
 現に私は今それに近い状態です。慎重に慎重を重ねて深い検討のもとの投資は重要ではありますが疲れますからね!(それはそれで楽しいんですが…)
 また集中投資する場合や大きな額を投入する場合には、(1)だけでは足元をすくわれる事も多々あるのでちゃんと労力をかけて深い調査をした方が良いと思っています。

イ ②のしらみつぶしに業績チェックって効率悪いですね(笑)
現在、各月の配当銘柄の中から成長株を探していくというイレギュラーな事をやっているのでこのような不都合を感じている訳ではありますが、
どなたか良い方法をご存知の方がいたら教えて下さい
具体的には(ⅰ)配当月でスクリーニング出来る(ⅱ)ROEでスクリーニングorROE順に並び替えが出来る(ⅲ)PERやPBRが見れればなおよし
のような状況をご存知の方いたら教えて下さい

10月配当銘柄は少ないので今回はしらみつぶし作戦でいけましたが、配当銘柄が多い月は乱れ打ちで業績を見て良さそうな銘柄を偶然見つけるの待ちのような状況になってしまうので…辛いです
本来は配当など気にせずにROE等をキーにしてスクリーニングをして良い銘柄を選定して、結果的に配当が有ったり無かったり、~月配当だったり、というのが健全な有り方なのですが
今は各月の配当を銘柄選定のスタートにしているので変な事になっていますね
ちなみに普段は(通常の銘柄選定では)楽天証券のスクリーニングを利用させて頂いています。たいへん優れたツールだと思います。(口座開設者のみ使用出来ます)

ウ 企業の個別の調査では決算説明資料を見るのが本当にわかり易くまとまっていて良いと思います。
  プレゼン形式なのでエッセンスがちゃんとまとまっています。
 特に見るべき所としては、良かった業績の理由や悪かった業績の理由について明示している場合が多いのでそこを見て判断材料にします。
 決算説明会なので、数字についてその理由をちゃんとつけてくれるわけです。
 膨大な資料から読み取る手間を省略してくれるので助かります。
 ただし、悪い業績についての説明については「その理由(言い訳)」が妥当なものであるかはきっちりと自己で判断する必要があります。
 →商品力が落ちているのに市況のせいにしていないか?や、未来への投資として人件費が増加していると言っているが不必要に人を増やしているようにしかみえない、など

具体的な調査

証券コード 会社名 株価(8/9) PER ROE 時価総額100億規模

①3475 グッドコムアセット 1527円 9.86倍 約22%(直近減少)→8/13に1株買いました
・不動産業
・売上が直近3期で約倍増している成長中の企業である。(あわせてEPS,BPSも伸びている)
・現在90人規模の社員数だが、直近で30人従業員を増やしたことからも事業拡大をすすめていることがわかる
・前期EPS160円弱の水準のところ、来期の予想EPSで160円弱の同水準を発表している
 しかし、懸念点として直近の中間決算(2Q)があまり順調ではなさそうでした。
 具体的には、前期2Qと比較して売上が約10%減、営業利益約36%減でこれは近いうちにむしろ下方修正か?という懸念を持ちましたが、
 決算説明資料を見ると、来期予想利益を据え置いています。(それはつまり3Q以降で挽回出来ると踏んでいるらしい)
 実際に、3Qの途中経過の進捗は順調なようで、挽回の為に必要な販売数の半分は既に達成済み(それはほぼ前年3Q販売数と同数程度)で、
 決算説明の雰囲気も強気で自信がある印象を受けました。なので通期予想から大幅下方修正って事は無さそうな印象でした。
・直近の成長は良さそうですし、直近の業績もちゃんと伸びそうではあります(仕込めば仕込むほど売れるぜ!っていうイケイケどんどんな雰囲気でした)
 しかし、不動産関係はオリンピックの影響が少なからず有ると思っていて、その前後で市況が読めないところに私は不安があります。
 (オリンピック後に急に不動産が全く売れなくなった!という状況になっても全く不思議ではない)
そのため、1株は打診買いしますが(既にしましたが)、このまま順調に成長していったとしても集中買増し銘柄にまではしないだろうという位のスタンスで所有することとします。


②3134 Hamee株式会社 740円 14.71倍 約22%(直近減少)時価総額100億規模 8/13に1株買いました
・スマホ向けアクセサリーの販売・卸売り+ネットショップの管理システムの開発・提供(プラットフォーム事業)
 (自身がネットショップをしていて、その自社向けの管理システムを外部にも提供しているという具合かと思います)
・高ROE継続でBPSを順調に伸ばしているところに惹かれました。
・ただし、2期前~前期でEPSが減少していることが少し気になります(高ROEは継続しているので何とも言えませんが)
・決算説明資料をみるに、売上は増加していますが、販管費の増加を吸収できず営業利益微減となったようです。販管費の中でも特に人件費と支払手数料の増加の影響が大きいようです。
 そして、次期の予想でも販管費の大きな増加が見込まれています。(そこらへんの性質まではまだ読み取れていません、成長の為に必要な投資としての人件費や支払手数料の増加なのか、もしくは売上維持のためのネガティブなものなのか)
さらなる調査を要すると思いますが(と言っても真面目に決算資料を読めば良いだけなんですが…)、面倒なのでこのくらいで調査を打ち切ってしまいました。
・この株も成長を見込んで1株打診買い(既にしました)、でもあまり今のところ事業内容に惹かれていません
 大化けするならばプラットフォーム事業がとても優れたモノである場合でしょうか?(なのでプラットフォーム事業については調査してみたいと思います。)


③9678 株式会社カナモト 2666円 8.59倍 13% 時価総額1000億規模→まだ買ってませんが買いたいです。
・建機レンタルや建設関連事業に必要な機材や消費財のレンタル・販売を行っている企業のようです
・EPS、BPS順調成長、ROEは微増傾向(直近3年で11%→13%)
・業績が順調に推移しているのはオリンピックにより需要拡大していて市況が良い事も影響しているようです。
・それを差し引いてもとても健全で優秀な財務内容だと思います(利益を伸ばしながら資産を増やしながらROE2桁維持ですし)
・PERも10倍以下で低い水準ですし、これは1株買ってみたいですね(表面の数字と時価総額をみて②の方を先に買ってしまいましたが、安定志向ならこちらの方が適切な投資先かなと思います)


④2375 ギグワークス 1446円 21.37倍 11.7% 時価総額100億円規模→よくわからないので買いたくないです。
 ・ROE8%→11%と直近で増加
 ・EPS,BPS増加傾向
 ・資料をみても事業内容をいまいち理解できていません(もっとちゃんと読みましょう!)なので調査後回し
  でも何やら成長はしている企業なので気にはなります(今は買いません、というか良くわからないので買えません)


⑤9279 株式会社ギフト 5710円 55.8倍 26% 時価総額 300億円規模 →割高過ぎるので現状では買いたくないです。
 ・ラーメン店や麺・スープのプロデュース事業
 ・超高PER55倍で少し手を出すのが怖いですね
 ・それだけ有望だと評価されているという事かと思うのですが、BtoCで飲食店で高PERっていうのはやはり手がだしずらいです
  調査も後回しにします。

スポンサーリンク

この記事へのコメント